blog

12.09.2010

 

Twee Grrrls Clubってヤルんですよ!

Twee Grrrls Clubってヤルんですよ!



 最近は女の子のDJもそんなに珍しくないですよね。実際、DJ KAORIとかMAYURIとか、世界的にも高い評価を受けて、活躍中のDJもいますからね。ちなみに、MAYURIは、その昔のツバキハウス時代のお客さんだった女性で、その彼女がDJでチョー有名だと言われて、「マジで?」と驚いたことが昨日のよう。テクノ/トランス系のDJとして日本をはじめ世界中の大きなイベントでトリを務めるくらいの人気、実力だっていうんだから、昔の彼女しか知らないぼくはビックリですよ。

 ほかにも、身近なところにもたくさんいます。カオリちゃんとコンビを組んでいた坂田かよちゃんとか、今ROCKING★GYMで北村とぼくと一緒にやっている若手のロッキン・ブレイキンなDJ PELIちゃんとかもそうだし、何より、ロンナイの一番若手?のYU-TAもそうです。彼女のロカビリー・マナーのあらぶるプレイはそこらへんの男どもよりカッコいいです。ロカといえばMIWAKOちゃんはもうベテランですかね?

 それくらい今じゃあちこちに女の子のDJがはびこってますが、ここに紹介する彼女たち、つまりグループなんですけど、数名の(実体はよく分からないんですが)若い女性から構成される、基本ロック/ポップなTwee Grrrls Clubという変ったネーミングの集団。

 その中でリーダー格で海外経験も豊富なsumireちゃんは、稲葉くんに紹介されたので、その時はモッズ系の人かと思ってましたが、よくよく聞いてみると、そうではなく、もちろん、60’sも好きなんですが、最近のモノ、特にインディーズ系に強くて、たまたま気に入って聴いたアメリカのガーリーな4人組Dum Dum Girlsの日本盤の解説をしていたので、さらにビックリ。

 こないだの渋谷はTRUMP ROOMでのロンナイでも彼女とそのお仲間のmethylちゃんに出てもらいました。このメチルちゃんがまたイイんです。可憐ないかにも儚げな雰囲気のフェミニンなイメージからは想像もつかないようなシブいロック、ブルースなどまでプレイします。なんて男前なんだ!キミは!!しかも、彼女たち、基本的にCDやPCなど使いません。あくまでアナログ/バイナルで、それも7インチがメインというんだから、ウチのYossyも顔負けのマニアですね、もう。

 そんな彼女たちが、つい先日彼女たちのチョイスによるコンピCDを発売したんですが、その選曲の素晴らしさは言うまでもなく、感心したのは、CDの付録に小冊子を付けていて、それが全部手作り!印刷は違うでしょうけど、とにかく、デザインから中身の監修、文章、イラストなど丸ごとやってます。それも、乙女チックなままごとレベルではなく、キチンとレーベルやそこの所属アーティストや関連するイベントなどというものまで調べて掲載しているんですから、完全に「負けたわ」です。

 CDには彼女たちの幅広い交友を示すようなさまざまな世界中のインディーズから集められたアーティスト/バンドが19曲も収録されていて、付録の冊子にはそれぞれの、ユニークな解説がコメンタリーやイラストで描かれています。メンバー紹介もあり、そこはホンノリと「秘密の花園」的なニュアンスが滲んでいて、やっぱり、男前なだけではない、ごく普通の女性らしい彼女たちの素顔を覗いたような気分になります。とにかく、DIY精神で突き進む彼女たちからしばらくは目が離せない感じです。


 ちなみに、このユニークな冊子付きで、2500円はオトクですよね。頑張れーTwee Grrrls Club!応援するぜ~!!詳しくはサイトを見て下さい。
http://www.tweegrrrlsclub.com

Text By大貫憲章 / KENSHO ONUKI

 
Get the Flash Player to see this player.