blog

08.03.2010

 

「ジョン・フォガティに音楽人のソウルを見た」

ツィッターでフォローし合っているミュージシャンの田島貴男くんが、フジ・ロックの事を書いていて、そこに、ジョン・フォガティのステージの素晴らしさを特に印象的だったということを受けて、ぼくなりの返信をしたりしました。

彼によれば、この還暦を過ぎたミュージシャンは、そんなことは微塵も見せずに、むしろ、彼を有名にしたかつての人気バンド、CCRよりも大きなパワーを放出しているようだった、とのことです。演奏も歌も昨今のミュージシャンに負けないどころか、格が違うと言わんばかりのステージだったようです。

そして、自分も彼のようないつまでも気持ちを強く持ち続け、往時と変わらないパフォーマンスが出来るように努力したいとも言っていました。彼とは、ネオGSブームの頃からこちらが勝手に知っていましたが、彼もぼくのことを知っているというので、一気に意気投合したんですね。

彼は、自分もジョンのようなプレイヤーを目指したい、と言い、ライトハンド奏法を今から習得しようか、と本気で思っているようでした。素敵なチャレンジですよね。まさに、音楽に年齢のハンデはほとんど関係ない、といったところでしょう。


メジャーなポップ・シーンに影響力のある彼のような、気概を持ち、探究心のあるミュージシャンが少しでも増えれば、このニッポンの音楽Dシーンも少しは面白くなるんでしょうね。メーカーやメディアの言いなりの音楽なんてぼくらには不要なんですから。

それでは、彼がCCR時代に放ったビッグ・ヒット「Bad Moon Rising 」をジョン・フォガティで。
Bad Moon Rising

I see a bad moon rising.
I see trouble on the way.
I see earthquakes and lightnin’.
I see bad times today.

Don’t go ‘round tonight,
it’s bound to take your life,
There’s a bad moon on the rise.

I hear hurricanes a blowin’.
I know the end is comin’ soon.
I fear rivers over flowing.
I hear the voice of rage and ruin.

Don’t go ‘round tonight
it’s bound to take your life
there’s a bad moon on the rise.

Hope you got your things together.
Hope you are quite prepared to die.
Looks like we’re in for nasty weather.
One eye is taken for an eye.

Don’t go ‘round tonight
it’s bound to take your life
there’s a bad moon on the rise.

Don’t go ‘round tonight
it’s bound to take your life
there’s a bad moon on the rise.

 
Get the Flash Player to see this player.